『穢翼のユースティア』 プレイ日記

alice-c-174 タイトル 穢翼のユースティア
ブランド  オーガスト
発売日  2011/07/29
ジャンル  AVG
販売サイト DMM.com
げっちゅ屋 ←体験版あり

 

■ちょっとだけプレイした感想

オーガストのゲームはこれが初めてのプレイです。
「夜明け前より瑠璃色な」をプレイし損ねてから、やる機会を逃していました。

初感想ですが、、、
こんなに丁寧な作品ばかりなら、さっさとオーガスト作品やっておけば良かった!
曲もシナリオもシステムもファンタジーな世界観もすごく好み!

BGMとOP・EDが良い曲ばかりで、リピート再生しちゃってます。

ヒロインは一癖・二癖ある面子、そのヒロイン達を支える主人公カイムが格好良い。主人公もフルボイスなのは感情移入しやすかったです。声はイケメンなのに、顔は童顔で可愛いって反則ですね。

サブキャラも主人公やヒロインを支える上での重要な役割を持つ魅力的な人達ばかり。

と、ここまで簡単なゲームさわりの感想でした。

まだ全クリアしてないので、全部クリアしてからまた大雑把な感想書きたいと思います。

■攻略を試みる

最初はティアちゃん狙いで行こう~!とだらだら選択していたら、ラヴィリアEDでした。
途中でまったく登場しなくなった辺りで気付くべきでしたね。。。
そのため中途半端に話が判っちゃってる状態です。

色々情報を収集しティアちゃんは最後が良いと書いていたので、ここからは順番にクリアしていこうと思います。

以下、途中までの感想と、ラヴィリア・フィオネEDの感想です。

*以下ネタバレ有ります。

■ラヴィリアED

一番最初に見たEDです。
二人を救って気付いたらラヴィの良い感じになり、ティアはどこかに預けられたまま帰ってこずED・・・
ちょっと拍子抜けでした笑

なぜなら途中までティアEDに行く気でしたから!

なぜラヴィリアEDに行ってしまったのか、どこからカイムがラヴィリアが好きだったのか不明のまま・・・。
ラヴィに気のある選択したのもティアが懐いてたからって理由で選択したので余計にそう思います。
個別ルートがないと勝手に思ってただけにこのEDにたどり着いてビックリしました。

なので印象があまり・・・苦笑

■フィオネED

第一印象は良くありませんでした。
堅物で少しの妥協もしてくない、融通も利かない、本当頑固者!

特にクロ達とのヴィノレタでのやりとりは、かなりイライラします。
仕事でも、円滑に進むよう、多少は妥協しようよ!とやっぱりイライラしたんだけど、
話が進むに連れて、フィオネが可愛く見えてくるんですよね。

カイムに影響されて、少しずつ妥協してくれて、気持ちが通じ合ってるよ!なんて思ってたら

唯一の親族である兄が黒羽だと判明した辺りや、治癒院の謎が明るみになったり、本当不憫です。

最後は無難でした。
でも、皆に祝福されるEDは良いよね。

個人的には、主人公がボロクソに言って嫌われるもフィオネは前を行くって別のルートのフィオネが好きだったりします。
カイムは嫌われ損だけど・・・

次はエリス・コレットED予定です~

オススメの関連商品
大図書館の羊飼い 夜明け前より瑠璃色な FORTUNE ARTERIAL
大図書館の羊飼い 夜明け前より瑠璃色な FORTUNE ARTERIAL

AliColle Blog*の更新通知を受け取れる
Push7とは?

↑各種OS、ブラウザ(AndroidOS、iOS、PC版Chrome、Firefox)でBlogの更新を受け取れるサービスです。登録方法は、ボタンを押して許可を押すだけ!やめる時は、同じくボタンを押して解除するだけ!

コメントを残す

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

エロゲ・ロリ・ケモノが大好き!特に90年代のエロゲをこよなく愛しています。趣味で絵を描いたり文章書いたり色々してます。最近はゲーム作りに挑戦中。

-2014年7月よりエロゲ感想メインブログ「AliColle Blog*」を運営。2015年12月より同人サークル「ありす♥これっと」の活動を開始。