> Ci-enで絵の更新はじめました!

狂気に躍れ、薬物ヒーローアドベンチャー「さよなら、うつつ。」の感想です。

さよなら、うつつ。とは

ss20141120_0002
このゲームは同人サークル『』の作品です。
初出はC86。現在は公式サイトでダウンロード出来るフリーゲームです。
少し前にどこかのサイトで紹介されているのを見つけて気になっていました。

私は夜中にプレイしていた為、怖くてなかなか終わらずプレイ時間は7.8時間かかりました。
選択肢なしの一本道。魅せる演出が怖くて仕方なかった。淡々としたBGMも良い味が出ています。

内容は長くも短くもなく丁度よいバランスです。
一応18禁エロ有ですが「フリーでエロゲーできるぜぃ!」と思ってやると痛い目あいます。

薬物と狂気と少々の毒電波、残酷な描写が多々あるのでそこもご注意を。

こんな説明で気になった方は、こちらの公式サイトからどうぞ。
鬱々としたゲームが好きな方に、今日のような雨の日にお勧めです。

以下、ネタバレ感想です。

感想

テキストが詠みやすく次の展開が気になってサクサク終わりました。
サクサクと言っていますが、演出(特に初めて注射を打つ所)で小心者の私はびびりまくり、次をクリックする勇気がなくて恐々プレイしてましたが面白かった!

絵はなんともいえないタッチですが、慣れてくるとかわいく見えてくる不思議。

主人公をこっ酷く振った後もなお「幼馴染」を強要してくる沙希は悪だと思いつつ、その今の状態を続けたい気持ちがなんとなく分かるから辛い。
日常と非日常が段々曖昧になり、最初は頼もしい主人公が段々壊れていく様は、薬の怖さを思い知った。

まぁ薬では無かったわけだけども、プラシーボの凄さを思い知りました。
水夜はずっとこれからも布教活動を続けていくのかな。そもそも最後水夜は本物?
所々謎が残るものの、概ね楽しめましたん!

欲を言うなら、アダルトゲーム同人サークルなので、狂気を活かしたエロも見たかったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

年齢確認

ここは「はたのいえ」が運営する18禁個人ブログ「ありすたんのおうち」です。

18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。